オススメ
会話中

近年、ストレス社会という言葉がよく使われます。
仕事自体のストレスや職場環境によるもの、プライベートの人間関係・悩みと、ストレスの原因となることがたくさんあり、企業で働く人の数パーセントが、こころの病を抱える状況となっています。
そのような状況の背景には、SE職などに代表されるような、パソコン中心の仕事が増え、コミュニケーション不足となっていることが要因のひとついわれています。
このような状況を改善するため、大企業を中心に、メンタルマネジメントへの取り組む会社が増えています。
メンタルマネジメントとは、働く方の力を存分に発揮してもらうために、スキルアップやモチベーションアップだけでなく、ストレスからくる心の状態を適切に管理し、その処理を適切に行えるような環境を整える管理方法のことです。
メンタルマネジメントを専門に取り扱う資格としては、臨床心理士や産業カウンセラーなどがありますが、大学での心理学の専攻が必要だったり、ややハードルが高いです。
実用的な資格として企業で注目を集めているのは、心理カウンセラーという資格です。
もちろん心理カウンセラー資格も専門知識は必要ですが、だれでも勉強することで取得可能な資格で、通信講座なども容易され学習しやすいという特徴があります。
特に、人事部門やマネージャーを目指す方が、働きながら心理カウンセラーを取得するには、通信講座以外の方法は難しいかもしれません。
また、東京などの大都市以外の方でも、通信講座なら勉強可能ですので、今後の企業で求められる心理系の資格として挑戦してみてはいかがでしょうか。

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031